ホームページは作ってからが本番です2

ホームページは作ってからが本番です2

前回はホームページの必要性意義についてお話をしました。

では、前回のお話の続きです、

ここから先は、個人的な(SEO対策の一般論、経験値)として意見ですので絶対ではありません、参考として述べさせていただきます。

自分でできるチョットした「コツ」についてお話をしていきましょう、

先ずは文字数は最低でも150文字以上、300文字位までで収めるのが理想です

= 簡単すぎては記事の内容に興味を持ってもらえない、長すぎてはめんどくさがられる、結果として読んで頂けないからです、=

こんな言葉を耳にすることがあります、

それは、「更新すれば良いから、ただ内容は何でも良いんでしょう?!」と・・・。

いえいえ 違いますよ!


ワードプレスのホームページ制作会社(株)ビュープランニングのお問い合わせフォーム
板橋区のホームページ制作会社、ビュープランニングにお気軽にご相談ください

1.自社の業務内容に合致しているこ。

2.自然で読みやすい文面の組み立てと構成

3.文面の中に自社の業務内容に沿った、ユーザーが検索する事を想定したワードを出来るだけ入れる。

(例「格安で」、「簡単に」、「近くで」、「OOO(自社ブランド)にお任せください」等)本当はもっと具体的な自社関連したキーワードで、

4.写真の挿入なども有効(ユーザーに対しての訴求力アップ効果、例、ビフォー&アフター、新製品、最新情報、等)

5.ユーザが自社関連のコンテンツに付いて知りたそうな記事またはキーワードを入れ込む。

6.自社関連に付いて、余り専門的な言葉は使わない。(読んでも分からない)

7.自分のサイトを訪れた方が有意義と思える情報内容の記事を書く。

続きは、次回以降に・・・・。

 



 

 

ホームページは作ってからが本番です!

ホームページは作ってからが本番です!

ホームページを作ったからお客様が増えると思っていませんか?

結論は・・・?

それは違います!

ホームページは作ってからが本番です!

作っただけではまだ「名刺」を持ったということです。

ホームページ制作のビュープランニングでは、バナー制作も承ります。
このバナーは制作の実績です、イラストレーター、フォトショップを使用してます。 バナー制作だけでもかまいませんのでご相談ください。

それからはその「名刺」(ホームページ)を配って(見てもらって)知ってもらわなければ意味が有りません、

その為には積極的なアピールが必要なのです、色々な方法がありますがプロに頼めば簡単です、

がコストがかかりますね。

ではコストをかけずに「アピールする」とはどうすれば良いでしょうか、

簡単です(・・・??)

それは自分でコマメに記事を書くことなんです。

でも、内容は考えないといけません、何でもいいわけではありません。(勘違いしている場合が多くあります)

たまに見かけるのはooooに行ってooooooを食べたら美味しかった・・・、とか(写真付きで)

oooooに旅行に行ったら素晴らしくて楽しかったとか・・・・、とかです。

あるいは自分の趣味の事を深掘りして満足している方・・・・、

そうした記事は、たまには息抜きで良いかもしれません。

では、「どんなこと書くの!?」

それにはちょっとしたルールとコツがあるのです!!

そのコツは・・・・・次回に投稿いたしますので是非参考にして見てください。

ありがとうございました。

ワードプレスのホームページ制作会社(株)ビュープランニングのお問い合わせフォーム
板橋区のホームページ制作会社、ビュープランニングにお気軽にご相談ください



 

 

自分のサイトは大丈夫ですか!?

自分のサイトは大丈夫ですか!?

ホームページ制作、ビュープラン二ングからのアドバイス

近年、様々な情報の漏洩などがニュースになることがあります。

インターネットが欠かせない時代となった今、自らの個人情報の安易な漏洩は避けなければなりません。

そこで、その方法の中で簡単に対策する方法があります。

それはサイトにアクセスしようとした時に セキュリティで保護されていない」と表示される場合があります、そういうサイトはできるだけクリックしないことです。(特に初めてのサイトの場合は)

スマホの場合はアドレスの左に小さな鍵マークが表示されていない場合です。

ワードプレスでのホームページ制作は板橋区高島平地区にありますビュープラン二ングにご相談ください。
制作事例です、ビュープランニングではご予算に合わせたカスタマイズができますのでお気軽にご相談ください。

クリックした途端にあなたの情報が漏れる可能性があります。(あくまでも可能性ですが)

そいうサイトにはアクセスしないことです!

私たち業者にはGoogleさんから「クライアント様のサイトに対して速やかに対処してください」との旨の警告アナウンスがあります。

そして、対処していないサイトは今後表示を見合わせるか、上位表示はさせない見通しのようです。

そこで、

見分ける方法は、「対応されているサイト」の場合は、アドレスが 「https://oooooo.jp」となっています。

スマホの場合は、アドレスの左に小さな🔒マークがついています。

自分(自社)のホームページをお持ちので、未対応の場合は早めの対応が必要です。

お困りの祭は板橋区にあります、ホームページ制作会社の(有)ビュープラン二ングまでご相談ください。

お気軽にご相談はこちらから 

お知らせ

 

 

 

 

 

当社ビュープラン二ングで制作したサイトは、もれなく対応させていただいております。